ゲストは、ペン画作家の杉山浩一さん

グランドオープン日に、ゲストをお招きした特別トークショーを行いました。お越しいただいたのは、ねづくりやと同じ観音通りに店を構える、ペン画作家の杉山浩一さんです。

黒と白のみで再現するペン画の作風だからこそ、町の変化を敏感に感じる杉山さん。ペン画作家ならではの町の見え方がとても印象的でした。


「根津の路地は、白くなってきた。」

建物が建て壊され道が広がり、光がより路地に差し込むようになった、と杉山さんは語ります。良い悪いではなく、まちを自分の目で見つめている杉山さんの眼差しに、学ぶことが多くありました。

ねづくりやの店内では、開店記念として杉山さんにいただいた、〈あんぱちやのペン画〉を展示しています!
とても緻密で迫力のあるペン画にとても感動しました。ねづくりやに来た際には、ぜひこちらの作品も見てくださいね。

解体される前のあんぱちやの風景画。観音通りの顔でした。


今回お話をさせていただいた杉山さんの営む「スギヤマアートルーム」では、ペン画の展示販売や、ワークショップを行っています。興味のある方はこちらから!Instagram



この記事を書いた人:末吉祐太

オススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です